FC2ブログ

製本所

今晩は。大光製本所の寺内です。

今日は製本!上製本のお話。
弊社、上製本、特殊製本、帳簿、図面、和本と昔からやってきたのですが、
ここの所は、和装系を沢山いただき作っております。
ブログやインスタ、Twitterとアップするのは御朱印帳や和本ばかりです。
なので、ちょっと久しぶりに上製本についてご紹介です。

118.jpg

上製本の部位
人と同じで「喉」や「背中」と呼ばれる部分があります。
天地の天の部分を我々「頭」なんて呼び方をするときもあるんですよ。
「のど」人と同じです。この部分が本の中でも一番大切な部分です。
ここを強度にすることによって、ほんは長持ちをします。
ここを切ってしまうと上製本はすぐに弱くなります。
「小口」  本は人のように声を出しませんが、小口を開くと物語を
語ってくれますね。
紙の媒体が少なくなってきています。デジタル時代!
紙の良さも残したいですね。

では、また次回

コメント

コメント(0)
コメント投稿