FC2ブログ
大光製本所のスタッフが日々の出来事を日記のように書いています。
2017年06月10日 (土) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は御朱印帳本文の波打ち。
先日も書きましたが、本文の波打ちの原因について、製作会社によって工程も
違うので一概には言えません。あくまでも弊社の場合の対処法。

御朱印帳は本文の両端(左右)に糊が入っています(一般的に)。
糊を引くと当然 糊の膜が出来ます。
紙の上に糊の膜、この上に又紙が来て膜どうしが接着されるわけですね。
紙の間に糊の層が出来ているとでも言いましょうか?
当然何冊も同じ方向で積み上げていると、その糊の層の厚みも加わりますので、
朱印帳の左右が高くなり、真ん中が低くなります。
糊には水分が入っているので、低いところに湿気が渡り波が打ちます。
その為、同じ方向に積むのではなく、こんな形で積んで一日寝かせます。

94.jpg

5本積みの10段 上に重りを乗せて寝かせるわけですね。
糊は、デンプン糊が一般的ですが、このデンプン糊には波除剤的なものが入っておりません。
デンプン糊とは言えば昔の洗濯糊見たいなものです。
弊社では波除剤の入った糊で作業しております。糊一つでもかなり変わるんですよ。

では・・・また次回。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可