FC2ブログ

ちょっと嬉しい話。

今晩は。大光製本所の寺内です。

今日はちょっと嬉しい話。
今日、お客さんが来たんですが、某有名な製本屋さん。
年間何十億と売り上げている会社です。

当然、機械は全てライン化になってると思ってたら、
話をしていると、一部の上製本部門は今も手で製本してるとか。82.jpg


弊社の仕事をしばらく見て
「うちの上製部門を見ているようです」と言ってました。
機械設備が簡単に出来そうな会社なのに
(もちろんラインもありますよ)
でも、手作業は大切と。
この技術は残すべきと今も続けていると言います。

とても嬉しくなりましたよ。

今は、御朱印帳や和装幀がブーム的になって
多く依頼もあります。多くなってくると沢山の会社が
それを手掛けようとします。
すると、値段の叩きあいが始まります・・・・・・・
もっと単価を下げて!!的な。
今、無線や中綴じ関係はとても安いですね。
上製本もだんだんそうなってきています。

でも、昔からある、和の技術は職人さんが一冊ずつ。
丁寧に仕上げています。
商品=技術の値崩れは避けて欲しいですね。

84.jpg

京都の方では長く御朱印帳や和装幀を
コツコツして来た会社が沢山あります。
ここ数年でやり始めた会社ではありません。
ブームにのってやっている訳でもありません。
この、築きあげた技術を安く見ないで欲しいですね。

弊社も何十年も前からやっておりますが、
年間、数百冊、時には数十冊でしたよ。


83.jpg
こんなにも増えるなんて、想像もしなかったんです。
でも出来るんだからこの技術は勿体ないなぁ・・・・と思い
オリジナルノート的にしよう。なんて思って以前、
右の写真のような鞄見たいな御朱印帳を作ってました。

今となっては、やっていて良かったなぁ・・・・・・・・。

では、また次回・・・・・・・。





コメント

コメント(0)
コメント投稿