FC2ブログ

ブックケース

こんばんは。大光製本所の寺内です。

弊社の仕事は製本。特に上製本を主に扱います。
上製本とは、書店に行けば表紙の分厚い本が並んでますね。ハードカバー
と呼ばれるもの。本文よりも表紙の方が大きく本文を保護する役割を持っ
てます。本文にはかがりと言って糸もしっかり入っている本です。
これが上製本。昔は表紙には布クロスをその布クロスの表紙に箔押しを
して貼りケースと言って普通のクラフトのケースではなく、これも分厚い
ケースに入っていたものです。
今日はこの貼りケースのご紹介。

弊社がお願いしている業者さんが今リフォーム中。
で、その間弊社の一角で作業をしております。年内予定!!


29.jpg 

ローラーで糊をつけて流れてきます。これは貼りケースの表紙とでも
言いましょうか。表面です。下の緑の部分、ベルトですが、穴が開いて
いるのがわかりますか?これは糊を付けた紙がカールしないように
下からエアーで吸っているんですよ。


30.jpg 

下から吸っているのでピタッて感じでくっついてるでしょ。


31.jpg 

全部出て来ました。なんか切れ目があります。
これは前もって付けたもの。
表側には印刷してあります。裏からでは見えませんので中央と端の目印です。


32.jpg 

これまた前もって作っておいたケースの中み。
さっきの切れ目に合わせて置きます。なれないうちはこの中央に
置くときに手が震えますよ。^^。

この続きはまた次回・・・・・!!