FC2ブログ
A D M I N
topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本をつくる 1 - 2014.07.03 Thu

おはようございます。 大光製本所の寺内です。
上製本の工程をご紹介・・・・・。
上製本の工程と言っても、機械、ラインのご紹介ではありません。

機械は使うものの単体で、後は手作業の工程をご紹介いたします。

最初に写真(下)のように印刷屋さんの方から、刷り本が入ってきます。
下の写真の場合は一枚の紙に16p分の印刷がされております。
片面8pその裏が8p、あわせて16pと言うことですね。


175.jpg 



写真(下)の右上に黒くなっている部分があります。
ここが印刷の時に揃えている、針・クワエと言う部分です。
この針とクワエの部分を揃えます。

176.jpg 



機械で揃えると真ん中の黒い線がありますよね。
これ、トンボと言いますが、これがまっすぐになってます。

177.jpg 



針とクワエ以外の所で揃えると、トンボが揃わないので折を
折ったときに、ページの位置がくるってくる事になります。

178.jpg 


綺麗に揃ったのを確認して、断ちをします。
断ちは、針とクワエの部分は切らずに残り二面を切ります。
場合によっては四面を切る時もあります。

この作業を、今でも言うのかどうか・・・・・。
昔は胴割りと呼んだのですが。

今日はここまでです。続きは次回に・・・・・^^。



● COMMENT ●

ご無沙汰です。

だんじり子さん。めちゃご無沙汰ですね。
元気ですか? 俺は元気ですよ!!
たまには、遊びに来て下さい。飯でも行きましょう^^。

ご無沙汰しております(>_<)お元気ですか?

知っています。

知っていますよ。愛想がないのは。

真面目な話ですが、
しっかり顔を見てお礼を言いたいと言う男の気持ちもお分かりください。

なぁんだ。

こんにちは。
ブックフェア、今日から一般ですね。
行ってきました。
凄く楽しかった。

社長さんは来ないのですね?
残念です。

コメントありがとうございます。

久しぶりにもかかわらず、沢山コメントいただきまして、
ありがとうございます。 感謝です。

今年のブックフェアは行く事ができません。

なので、お会いする事も出来ません。

隠れファンさん。
革の装丁デザイン、箔押しを勉強していた頃にお会いしましたよね。
喋んないの知ってるでしょ?
だから、ブックフェア言ってお会いしても喋んないから探さないで。

おーっっと

今晩は
ひさしぶりです、暇な隠れファンです

東京にきますか?
来るのですね?

待ってますよ。探しますよブックフェア!国際展示場の中!!

ビックサイト

ブログ再開ですね。良かった!

ブックフェアに明日行きます。
社長さん行かれるのですか?
ブログの写真の人、、、見たら声かけよ☆〜(ゝ。∂)

うゎーぃ

お久しぶりですねー社長さん。
やすさん同様心配してましたよ。
また、電車内が楽しくなりそう

ところで社長さんブックフェアー来ないのですか?

業界用語

ふたたびコメント入れます

私の見解では
 【胴割り】 全版刷本のど真ん中を断つこと
 【粗断ち】 次工程の折や丁合に掛けやすいよう、断ちしろを残して断つこと
 【化粧断ち】仕上げ寸法で小断ちすること

この写真の場合でいいますと、手前どもでは【粗断ち】と呼んでいます

安心しました

長らくブログが途絶えていたので
どうしたものか、何かあったのか、と
少しドキドキしていました

ブログ更新されているのを見て安心しました

いろいろと大変でしょうが
ブログがんばって続けてください

また励ましに行きます。。。


管理者にだけ表示を許可する

本をつくる 2 «  | BLOG TOP |  » ごめんなさい。

プロフィール

TERAUCHI☆

Author:TERAUCHI☆
  大光BLOGへようこそ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大光製本所 (193)
スタッフ日記 (88)
商品制作 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。