FC2ブログ
大光製本所のスタッフが日々の出来事を日記のように書いています。
2017年06月24日 (土) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

御朱印帳を沢山作っていますが、他にも良いものがあります。
そんな商品のご紹介です。弊社で制作したものとはかぎりませんのでご了承を!!

家紋入り御朱印帳。
本文は、奉書紙クリーム別漉きです。
この和紙はとてもいい和紙を使っていますね。

97.jpg

家紋を入れてオリジナルを・・・と言うか方は是非→「和市場」


では・・・また次回。



スポンサーサイト

2017年06月23日 (金) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日はちぃさーな御朱印帳です。
これは、寺社へ行っても小さすぎて書いて貰えません。

96.jpg

小さいでしょ?ミニ朱印帳です。
ちょっとためしたかったのは、四方の金付けです。
結構、綺麗に塗れたので、規格サイズでもためしてみよう!!

では・・・また次回。


2017年06月22日 (木) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日はとても素敵な納経帳のご紹介。
今後、ご紹介する納経帳、御朱印帳は弊社で作った商品ばかりではありません。
予めご了承をお願いします。

今回は千糸繍院納経帳です。

弊社も沢山の納経帳や御朱印帳を作っていますが、これは綺麗!!と思いました。
表紙には刺繍の立体感があり本文もかなりの山数です。

95.jpg


これはすごいなぁー。出来ないなぁ^^。

では、また次回・・・



2017年06月13日 (火) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は御朱印帳は御朱印帳でもキット!!
神社やお寺への参拝の証が御朱印です。その御朱印を書いて貰う又は貼って
貰うのが御朱印帳となります。
ここ数年前からかなりの御朱印ブームとなっておりますが、そのおかげで御朱印帳も
プリントの生地や金襴と豪華な生地で作られているのも多く目にしますね。

でも、どれもー!?と言う方は、自分で作って見ては!!

弊社では本文のみの提供は出来ますが、表紙の生地や表紙の中の板紙(ボール)
なんかはご提供しておりません。
一般の方は、本文のみ買っても他の材料がなければなにもなりません。

そんな方におすすめが「自分でつくる御朱印帳」キットです。
本文の中みはもちろん板紙(ボール)、クロスなんかも選べます。

http://diy-gosyuinbook.com/

自分の個性で作った御朱印帳を持って参拝するのもまた良いものではないでしょうか?

では・・・・・また次回。



2017年06月12日 (月) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は朱印帳の話は一休みしてオリジナルノートの話です。

以前弊社で作ったオリジナルのノート、某企業さんからの依頼で毎月
2000冊~作っていました。もう何年も前の話になります。

仕事を終えてテレビを見ていると、ある女子学生の自殺の話が目に入りました。
「いじめ」にあっての自殺です。
この女の子は人に気を使う優しい子だったようで、心配をかけたくないと言う思いから
親にもいじめられてた事を言わなかったようです。
親にしてみれば、なぜ?自殺したのか?

ある日 女の子が書いていたノートを見つけます。
そのノートにはいじめられていた事が長々と書かれていたといいます。
いじめの実態、学校側の対応、女の子の声をこのノートが伝えたのです。
テレビにこのノートが映ったとき、どこかで見たノート!?
弊社で作ったノートでした。
B6判 128頁 本文は無地です。プリント生地の表紙!!

何年も前に合計して何千、何万冊作ったノートの一冊です。
何万分の一です。
この子にとってはたった一冊の心のよりどころ。

物を作る人間として、すごく感じたのですが、何万冊作っても何千万冊作っても、
持つ人はそのうちのたった一冊ですね。
作る側が何万冊もあるんだから、一冊ぐらい悪くてもいいか!?
そう思ってしまわない事を願いたいですね。


では・・・また次回!!






2017年06月10日 (土) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は御朱印帳本文の波打ち。
先日も書きましたが、本文の波打ちの原因について、製作会社によって工程も
違うので一概には言えません。あくまでも弊社の場合の対処法。

御朱印帳は本文の両端(左右)に糊が入っています(一般的に)。
糊を引くと当然 糊の膜が出来ます。
紙の上に糊の膜、この上に又紙が来て膜どうしが接着されるわけですね。
紙の間に糊の層が出来ているとでも言いましょうか?
当然何冊も同じ方向で積み上げていると、その糊の層の厚みも加わりますので、
朱印帳の左右が高くなり、真ん中が低くなります。
糊には水分が入っているので、低いところに湿気が渡り波が打ちます。
その為、同じ方向に積むのではなく、こんな形で積んで一日寝かせます。

94.jpg

5本積みの10段 上に重りを乗せて寝かせるわけですね。
糊は、デンプン糊が一般的ですが、このデンプン糊には波除剤的なものが入っておりません。
デンプン糊とは言えば昔の洗濯糊見たいなものです。
弊社では波除剤の入った糊で作業しております。糊一つでもかなり変わるんですよ。

では・・・また次回。


2017年06月09日 (金) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

4月の末に大覚寺に行ってきました。
「刀剣乱舞 御朱印帳」が4月10から頒布開始となっていたので行ってきました。

93.jpg

大覚寺 五大堂で売っているのですが、1冊¥3000-です。
この御朱印帳 綺麗に作ってあったなぁー^^!

92.jpg

綺麗な字で書いていただき御朱印をもらって帰ってきました。

朱印帳と言えば、たまに本文が斜めになっていたり、本文にものすごく波が打っていたりするのを見ます。
ほとんどの工程が手作業なので仕方がありませんし、多少の波も打つのですが、
「これはー」って思うのもたまに見ますね。

朱印帳の作り方は作っている会社によって違うと思うので一概には言えないのですが、
弊社も作っているので、
弊社なりの「なんで、波が打つのかなぁー」って所を書いて見たいと思います。

では、また次回・・・・。




2017年06月08日 (木) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は御朱印帳の和紙の話。

御朱印帳の本文は、普通の上質紙ではなく和紙(奉書紙)を使います。
今、一番お問い合わせが多いのが、朱印帳の中みだけ作って貰えないか?
と言う問い合わせです。

基本的に弊社加工業なので、1~10迄 紙から本の形にするまでが仕事なので、
お断りしていたのですが、御朱印ブームになり自分で作りたいと言う一般の方が
増えているようです。なので問い合わせも増えたのだろうと思います。
弊社でもその声におこたえして、本文(中み)のみの製作もはじめております。

90.jpg

奉書紙(和紙)にも色々種類があります。
詳しくはこちら→大光製本所「御朱印帳」ページまで!

91.jpg

ちなみに、本文(中み)だけとは、表紙が無い御朱印帳ですよ。

ではまた次回・・・・・・・



2017年06月07日 (水) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日からしばらくの間 御朱印帳の製作や話題について書いていこうと思います。
弊社「創業」今年で40年目になります。
創業当時は「御朱印帳」「和本」「合本」「特殊」「図面」「上製本」そんな製本を手掛けていたそうですが、
御朱印帳にかぎってはその当時、年に数百冊あった?ってぐらいです。

その当時は、こんなに御朱印帳の依頼が来るようになるなんて、おそらく誰一人として
思わなかったことでしょうね。

ここ数年前からこの御朱印が一気にブームになるほど人気がでました。
問い合わせも毎日のようにあります。
で、以前も書いたことがあるかと思うのですが、改めて御朱印帳の話題にふれる事にしました。

でも今日はここまでです。 また次回・・・・・・。






2017年06月06日 (火) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は製本用刷毛について。
製本用の刷毛って、職人さんが作ってくれてます。
ここの所、刷毛を作ってくれている職人さんもかなり少なくなっているようです。
私の知る限り、私の知る限りなのでたいしたことはありませんよ!!
大阪で刷毛を作ってくれる会社も無いに等しいと思います。

89.jpg

そこで、教えて頂いた刷毛屋さんでさっそく注文しました。
もう、とてもとてもいい刷毛です。これぞ!!刷毛!って感じです。

小林刷毛製造所

刷毛をお探しのみなさん、一度ためして見てはいかがですか?

職人さんが一つ一つ作ってくれる刷毛!そのへんの刷毛とは違います。
もちろん値段も違います。
弊社が使っているものは、1本¥30000-7寸刷毛です。

何年も持ちますので、これが高いのか?安いのか?と言われれば、安いです!!
上の写真のように、刷毛を持てる従業員は一人1本持ちます。
誰の刷毛かわかるように、こうして輪ゴムで印を付けています。

良い刷毛は、使っている人間の癖を知っていますので、刷毛の毛が人それぞれ
減り方が違うんです。しっかり馴染んでくれます。

我々職人の右腕になってくれる刷毛。
職人の右腕を、また職人が作ってくれるっていいですよね!!

では・・・・。また次回!!



2017年06月03日 (土) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

御朱印帳の制作をしている中で、いつも気になるのが和紙(奉書紙)です。
弊社、御朱印帳に使用する和紙は御朱印帳専用に別漉きをしております。
別に漉くって事は別に一から作るってことです。
一回に四/六判全紙15000枚 御朱印帳24山の計算で行くと10000冊分です。
毎回作るので、やはり毎回びみょーに違うんです。
御朱印をいただくときに、綺麗に書けて、色移りがあまりしない紙をと思います。

でも書く墨の違いでも変わってくるんですね。
ここがむずかしいなぁ。。。




2017年06月01日 (木) | 編集 |
こんにちは。大光製本所の寺内です。

ご無沙汰をしております。
なんと、今年になってはじめてですか?ブログの更新は!!
アッと言うまに月日がながれます。 まぁ、、これだけ長く更新もしていないと
コメントも入らないと思いますが、またちょこちょこかきますので宜しくお願いします。