A D M I N
topimage

2016-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気。 - 2016.10.13 Thu

こんばんは。大光製本所の寺内です。

私ごとですが、8月に母親が亡くなりました。
別に暮らしていたのですが、寂しかったのか何度も電話があったりして。
忙しくてなかなか相手もしてやれませんでしたね。
居なくなると、やはり後は後悔です。「こうしてあげれば良かった」みたいな。

「あたりまえ」って思う気持ちが後々後悔につながります。
健康があたりまえ。病気になった時に、気を付けていれば良かったと後悔。
居るのがあたりまえ。居なくなって初めて解る有りがたみ。
慣れなのか、なんなのか、何にしても毎回繰り返してしまいます。

亡くなった後はどうなるのか、私はまだ生きているので解りませんが、
あっちの世界があるなら、私も死んだ後、両親を探して親孝行しようと思います^^。

みなさんはご両親が元気であれば元気なうちに親孝行してくださいね。



では、また次回・・・・・・


スポンサーサイト

刷毛。 - 2016.10.10 Mon

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は刷毛の話。
最近、製本所でも刷毛をあまり使っていない所が増えて
いるようですね。
機械が全てやってくれるので便利になりました。
86.jpg

弊社はそんな便利な機械がないので、今でも刷毛を
使ってます。
昔は刷毛を作る、○○刷毛製造所的な職人さんが
ひと刷毛ずつ作っていたんですけど、今は刷毛屋さんも
少なくなりました。

写真の刷毛はめちゃくちゃ小さな刷毛のストラップ
なのですが、驚いたのは、
刷毛の毛がなんか凄くいいんですよ。
いただいた物なんですが、一度 ミニ本で使って
見ようかなぁ。
今、うちで使っている刷毛より良いかも!?

大阪ではなかなか、良い刷毛が手に入りません。
私が知らないだけで、良い刷毛を置いているお店も
あるんでしょうが・・・・・・。

東京の方で、良い刷毛屋さんがあると聞いたので、今度時間が出来たら行って見ようと思います。
ネットで見るより、やはり触らないと解んないですものねぇ。

では、また次回・・・・・・・・・。

ちょっと嬉しい話。 - 2016.10.07 Fri

今晩は。大光製本所の寺内です。

今日はちょっと嬉しい話。
今日、お客さんが来たんですが、某有名な製本屋さん。
年間何十億と売り上げている会社です。

当然、機械は全てライン化になってると思ってたら、
話をしていると、一部の上製本部門は今も手で製本してるとか。82.jpg


弊社の仕事をしばらく見て
「うちの上製部門を見ているようです」と言ってました。
機械設備が簡単に出来そうな会社なのに
(もちろんラインもありますよ)
でも、手作業は大切と。
この技術は残すべきと今も続けていると言います。

とても嬉しくなりましたよ。

今は、御朱印帳や和装幀がブーム的になって
多く依頼もあります。多くなってくると沢山の会社が
それを手掛けようとします。
すると、値段の叩きあいが始まります・・・・・・・
もっと単価を下げて!!的な。
今、無線や中綴じ関係はとても安いですね。
上製本もだんだんそうなってきています。

でも、昔からある、和の技術は職人さんが一冊ずつ。
丁寧に仕上げています。
商品=技術の値崩れは避けて欲しいですね。

84.jpg

京都の方では長く御朱印帳や和装幀を
コツコツして来た会社が沢山あります。
ここ数年でやり始めた会社ではありません。
ブームにのってやっている訳でもありません。
この、築きあげた技術を安く見ないで欲しいですね。

弊社も何十年も前からやっておりますが、
年間、数百冊、時には数十冊でしたよ。


83.jpg
こんなにも増えるなんて、想像もしなかったんです。
でも出来るんだからこの技術は勿体ないなぁ・・・・と思い
オリジナルノート的にしよう。なんて思って以前、
右の写真のような鞄見たいな御朱印帳を作ってました。

今となっては、やっていて良かったなぁ・・・・・・・・。

では、また次回・・・・・・・。





動画。 - 2016.10.05 Wed

今晩は。大光製本所の寺内です。

今日は、YouTubeにも載せているのですが、動画です。
最近品質の問題等で手丁合と言うのがあまりよくないと
されております。
(手丁合とは、動画のように手で頁を揃える事です)

でも、機械で出来ないものは手丁合をしてくれ
と言われます。矛盾しすぎてますね。

ダメと言われれば、誰もしなくなります。
しなくなると技術や手の感覚が鈍ります。
そんな時に、機械で入らないから手で丁合をしてくれと言われると、
素人さんに頼んでいるようなものですね。

品質もなにもあったものではありません。

弊社は、今でも、手が鈍らないように、少部数はあえて手丁合をします。
いい加減に取っているようですが、指先は2枚つかんだら、このスピードでも
解りますよ。指先の感覚(神経)どの機械にも負けないよ!!

https://www.youtube.com/watch?v=bW40I4dlw1U


では・・・・・また次回・・・・・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TERAUCHI☆

Author:TERAUCHI☆
  大光BLOGへようこそ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大光製本所 (193)
スタッフ日記 (88)
商品制作 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。