FC2ブログ
A D M I N
topimage

2016-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願い。 - 2016.09.29 Thu

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は、上製本でも帳簿製本でも和本でもなくお願いです。81.jpg

弊社のホーム頁を見てお問い合わせをいただきます。
今は、特に御朱印帳のお問い合わせが多いです。

「御社はどこの御朱印帳を作っていますか?」
と質問されます。
こう言ったご質問には、お答え出来ませんので、
ご了承をお願いします。
お得意先の都合、特に寺社の御朱印帳の場合は、
〇〇のお寺のをしていますと弊社が言う事は出来ないのです。
お得意先にもいろんな事情があると思うので、メールで
いただいたり、お電話いただいたりしても、
お返事が出来ませんので予め宜しくお願いしますね。

ちなみに、今日も2件ありました。
どこの御朱印帳をやっているか聞いて、どうするんだろう?
有名な所だと、安心して注文くれるのかなぁ?


では、また次回・・・・・・



スポンサーサイト

帳簿製本。 - 2016.09.28 Wed

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は久しぶりに、帳簿製本をしました。表紙は3点貼りコーネル付。
本文は4pの入紙です。ちょっと時間がかかりますね。
昔は、帳簿って2000冊とか3000冊とかの受注があったようですが、
今は10冊とか多くて100冊とか。これもデータで残せる時代なので、形として残すのは、
少部数で良いようです。

79.jpg80.jpg
写真右ですが、何故か
めちゃくちゃ薄い見返しを
使って、薄い分弱いので
強度の為に布を貼ってい
ます。左の写真は、普通の
上製本との違いです。
溝の部分、上製本に比べて
かなり広いですね。
ちょっと写真では、見にくいかと思いますが、、、。

 
上製本もかなり少なくなって来ましたが、
昔からあるこの帳簿製本も、年に何度かする程度となっています。
ここの所、和本、御朱印帳、教本なんかが増えて来ていますが、帳簿も含め、そう言った
昔からの技術がなくならないことを願いたいですね。


では、また次回・・・・・・

奉書紙(和紙) - 2016.09.27 Tue

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は奉書紙のはなしです。
ホームページでもご紹介しておりますが、奉書紙(和紙)78.jpg
和本や御朱印帳に使われる紙。
特に御朱印帳に使われている奉書紙は別漉きといって
独自で別に漉いて作っている事が多いのです。
なので、市販で売っているものとは少し違うんですよ。

弊社も別に漉いて作っております。
別に作ると言う事なので、かなり大量に発注しなくては
いけないので大変です。
今までは白の奉書紙だけだったのですが、少し事情が
あり、きなりもご用意できるようになりました。
写真では解りにくいですね・・・・・・・


御朱印帳のお問い合わせ③ - 2016.09.26 Mon

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は御朱印帳のお問い合わせへもどります。
75.jpg
これはお問い合わせと言うよりも、御朱印帳の依頼先からの
質問なんですが、御朱印帳は広げて書いて貰う時に、
片方の頁が少し上がってきます。書きにくいと思うのですが?
何か意味があるのか?と言う質問です。
これは、得意先からもよく聞かれます。

確かにそうですね。
2枚重ねになっているのでどうしても少し上がりますね。

上の写真のように。
2枚目の写真は、御朱印帳の中央を開けてもこんな感じになります。
76.jpg
御朱印帳で試して下さい。
御朱印帳を広げて右の頁を少し押してやると左の頁が写真のように
浮きます。浮くと今度はめくりやすくなりますよ。
これを繰り返して頁をめくっていくと、とても広げやすいです。

御朱印帳を書いて貰う時は3枚目の写真のように頁を多く広げて貰うと
平らになります。
でも、本当は広げやすいためではないようです。

昔、いつの頃かは少し解りませんが昔です。

100年以上前でしょうか?お寺と神社が一つの時がありました。77.jpg
現代はお寺と言えばお寺!神社と言えば神社!です。

その頃は、墨で書いた文字が手に触れたり、
こすったりして、にじんでしまう。それを防ぐために間に指を
入れて頁をめくったと言われてます。

もともとの作る上での工程でこうなったのか?
それとも墨で汚れるなぁ?
と思い、考えてこう作ったのかは解りませんが!
どちらにしても、昔からの工程で作るとこうなってしまうのです。

動画つけました。
こんな感じで手に墨がつかないようにめくっていたらしいです。
めくりにくいなぁ・・・・・!!





では、また次回・・・・・・・


仕事。 - 2016.09.24 Sat

こんばんは大光製本所の寺内です。

今日は土曜日です。弊社は仕事をしておりますが、皆さんはお休みですか?
74.jpg
今日は仕事の話です。
「仕事とは、自分で探してやるもの、自分が作り出すもの、
与えられた仕事だけをやるものではない」 
こんな言葉を何かの本で読んだ記憶があります。

その通りですよねー。

弊社は加工業なので、一枚の紙から本へと作り上げていきます。
商品が完成した時点で仕事は終わり!!ではなく、
相手先の地について初めて完成です。
相手がその商品の荷姿を見て、何冊で包装してあるか?
パレットに何本積んで何段か?見本用は?予備は?
預かりものはどこに入ってるのか?などなど、
一目で解るよう、つり札に記入する。皆が心がけたいですねー。

ちなみに私の好きな言葉「金は必要だが、重要ではない」。

何か意味深いでしょ?
弊社の仕事にも当てはまりますよ!!。
コスト面、売上ばかり考え、いかに早く仕上げるか!!
それも仕方ありませんが、その中に、いかに丈夫に長持ち出来る本を仕上げるか
いかに時間をかけて検品できるか?ですね。


上の画像は関係ありません。弊社で昔作ったジーンズノートです。
文字だけだと寂しいので貼りつけました。
表1に前ポケット。表4に後ろポケット。カッコいいでしょ?

今度、こういった御朱印帳作って見ようかなぁ・・・・・・


上製本。 - 2016.09.23 Fri

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は御朱印帳の質問を少し休憩して、上製本。
弊社は上製本専門見たいな会社なんですが、ここの所 上製本が減ってきてますね。
今は、御朱印帳や和本なんかの方が多かったりもするんですよ。

なんか、ある印刷屋さんの営業さんから聞いたんですが、若い営業さんは上製本を
あまりよく知らないので、上製本をさけて並製本を進める事が多いとか。

お得意先によっては、担当者さんが、協力会社とはあまり仲良くしたらいけないとか。
なんか寂しいですね!!

昔は、お得意先の担当者さんなんかが、よく遊びに来て、夜食事とかも一緒にして
くだらない話や、お互いの仕事の話、時には家庭の話、一番は技術的な話。
そんな話をよくしたもんですが・・・・。
そんな中、相手の気持ちが解るようになり、「こうしたいんだろうな」見たいな事も解り、
言わずとも良いものが出来上がったりしますよね。

今は、もう誘っても来ないのが当たり前になってるみたいですね。

でも、弊社にはまったく仕事もないのに遊びに来てくれる人たちが沢山います。
協力会社さんでも、お得意先でも、とても嬉しい事ですね。

どんなに忙しくても、来ていただいた方々には精一杯の気持ちでお相手させて頂きたいですね。


では、また次回・・・・・・・・・

御朱印帳のお問い合わせ② - 2016.09.22 Thu

こんばんは。大光製本所の寺内です。


今日は22日(秋分の日)です。もう秋ですね。まだまだ暑いけど。

昨日の記事から、弊社でここ数年間で御朱印帳のお問い合わせが沢山あったものを
ピックアップしてご紹介しております。なにかの参考になれば嬉しいですね。


今日の質問は・・・・・
御朱印帳が沢山出ていますが、御朱印帳の大きさはどれが良いの?
こう言う質問をいただいたのですが、答えにとても困ります。


御朱印帳は一般的に本文左右110×天地158mm=表紙の大きさ112×160mmと
本文左右118×天地178mm=表紙の大きさは120×180mmの2種が一般的ですね。
もちろんこれ以外でも沢山の大きさや種類が出ています。

神社やお寺さんは持って行った大きさに合わせて書いてくれますので これ、どれが
良いとかはその人の好みですね。
寺社によっては、御朱印帳に書くのではなく一枚の和紙に書いてそのままくれる所も
あります。こちらは、その書いていただいたものを貼る事になります。
貼るときに小さい御朱印帳だとすこしはみ出てしまうなんてこともありますので
小さな御朱印帳をお持ちの方は、これに貼りたいので小さく書いてください。とお願い
しましょう。
また、御朱印帳の専門店で御朱印帳ホルダーとして販売されている所もあるようですよ。
こちら、ご参考に!!http://www.goshuincho.com/products/list.php?category_id=102

では、また次回・・・・・・・・

御朱印帳のお問い合わせ。 - 2016.09.21 Wed

こんばんは。大光製本所の寺内です。

以前、御朱印帳の奉書紙のお問い合わせが沢山ありましたのでブログで
ご説明をさせていただきました。
ブログを更新したのでその記事はブログの中を探して貰わないと見れなく
なったので、弊社のホームページに載せました。また参考にしてください。

http://www.daikou-dbb.com/ap78.html

まだまだ、御朱印帳の依頼が沢山あります。
同時に、まだまだ質問も沢山頂きますのでこのブログでご紹介をさせてもらいます。

質問①・・・「御朱印帳って表裏両面に書いて貰うんですか?」

結構、このお問い合わせが、なぜか弊社に多くあります。
お寺さんや神社さんはどういってますか?っと聞くと
「どちらでも構いませんよ」と答えられたとか。

弊社でも昔、御朱印帳を製作するにあたって、いろいろと調べました。
作っている会社が「知りません」では困りますからね。

これは決まりはありません。ご自分の好きなようにされたら良いと思います。

そもそも、御朱印帳は2枚重ねになってますね。(我々は重ね紙と言います)


72.jpg

1枚に見えますが、2枚になってるでしょ。表紙に付いている面以外、全頁こうなってます。

なぜそうなってるのかと言うと、墨の裏うつりを防ぐためと、
昔は、表面、裏面にそれぞれ御朱印をいただき
重ねた紙を切り取って、飾ったと言われます。
また、掛け軸なんかに貼りつけたとも言われます。
ただ、あまり濃い墨で書かれると、いくら2枚重ねと言っても
裏にうつってしまいますね。「薄く書いてね」なんて言えませんしね^^。
気になる方は片面のみに書いていただいてはいかがでしょうか。

台風。 - 2016.09.19 Mon

こんばんは。大光製本所の寺内です。

最近ブログの更新が続いているでしょ?書きだしたら書くんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風16号。
19日夜遅くから20日未明にかけて、強い勢力で九州南部に上陸する見込み
だそうです。ここのところ、天気もおかしいし、雨といったらめちゃくちゃ降るし。
なんかへんですね。
近畿にも明日夕方ぐらいに接近するみたいで、みなさん気をつけましょうね。


豪華製本 - 2016.09.17 Sat

こんばんは。大光製本所の寺内です。

東京都中央区日本橋の丸善日本橋店 三階で「豪華製本装幀の世界」
展覧会があるそうです。 ハガキが送られてきました。行きたいなぁ。
何年か前に豪華装幀と言うか、モザイクと言って革装の表紙にデザインをしていく
ものを習った事があるんですが、なんかそれっぽい。
写真にある、本の下(地)の色が気になるなぁ。見てみたい!!


71.jpg


「ホッ・・・」と - 2016.09.16 Fri

こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は三重県の方へ仕事で行って来ました。
たまに行くと「ホッ・・・」とするんです。写真を撮ってきましたが、
なんか、いいでしょーっ。 緑一面!!

大阪のガヤガヤした所とは違っていい感じ。
会社の中で機械音でいつも大きな声を出している者としてはとても
息抜きになるんです。

70.jpg


再開。 - 2016.09.15 Thu

こんばんは。大光製本所の寺内です。

ちょっと久しぶり過ぎて、ブログの書き方に迷ってしまうほど。
また宜しくです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近カメラを買った。得意先の常務さんが使っていて「いいよ」と言っていた
キヤノンEOS 7D少し古い型だけど、やっぱりいい。
前に買ったソニーのカメラもコンパクトで使いやすかったなぁ。
でも、でも、一番使いやすいのはアイホンのカメラ^^。


69.jpg


昔、携帯電話にカメラが付いた時に、ベビーカーの子供をお母さんが
携帯のカメラで写していた。
その姿を車から見てあの写真のデータを自分のパソコンに送ってもらって、
プリントアウト。携帯ストラップにできたら!!
当時の会社の上の連中に言ったけど、聞き入れてもらえず、勝手に
ホームページを開いてやったのを思い出すなぁ。
すぐに250件の注文が入って、結局一人では対応できずにお客さんを
待たせてしまった。良いとこついたと思ったんだけど!!
デジタル化になった今も、プリントした写真の方が味があると思うのは、
古い人間なのかもしれませんね。^^。古いからいいけど。

では、また次回・・・・・・・・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TERAUCHI☆

Author:TERAUCHI☆
  大光BLOGへようこそ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大光製本所 (193)
スタッフ日記 (88)
商品制作 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。