FC2ブログ
大光製本所のスタッフが日々の出来事を日記のように書いています。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年05月30日 (土) | 編集 |
こんにちは 大光製本所の寺内です。

久しぶりのブログになりますね。皆さんお元気でしたか?
変わりなくお過ごしですか? 弊社は変わりなく営業しております。

ここの所、御朱印帳のブーム?的な事もあり、かなり受注が増えております。
弊社は小さな会社ですが、1Fには機械関係2Fはその後の作業場として
仕事をしております。御朱印帳は奉書紙(和紙)そして上製本の紙などなど、
2Fにリフトで移すのですが、紙はかなり重たいです。
ハンドリフトで紙の移動をするのですが、だんだん床が痛んできます。
そこで、今回は一部の床を補強!いたしました。
ハンドリフトもスムーズに動き移動も楽チンになりましたよ。



20.jpg 



スポンサーサイト

2015年05月04日 (月) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。
ご無沙汰しております。

只今GWまっただ中!! みなさんおでかけですか?
大渋滞で疲れますが、笑顔で帰ってこれるように最新の注意をしましょうね。

ところで、弊社 設立35年を超えました。
当初は今も続く上製本をメインに、特殊系や帳簿、
和本と手作業からはじまったようです。
当初は多かった和本もどんどん依頼が減りほとんどが上製本ばかりだったのですが、
ここ最近、また和本や御朱印帳と言った依頼が増えてきました。
手作業からはじまった会社としては、とても嬉しいことです。
和本は特に、これだけ機械化が進んだ今でも、まだまだ手作業です。
やはり、手作業には出来上がった商品に、美しさ+αがありますよ。
なんでしょうね、この+αは!?
で・・・・少しご紹介!!

14.jpg

めちゃめちゃ薄い和紙です。とても機械で折れませんね。手折りです。


15.jpg 

小口と背中を平行にするために袋に水引きをします。


16.jpg 

手で丁合。頁を揃えます。


17.jpg 

天地の断ちから角裂(かどきれ)を貼ります。


 19.jpg  

麻紐や糸などで縫って、出来上がりです。

ほぼ手作業になるでしょ?なれない人がやると気がとーぉぉくなりますね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。