FC2ブログ
大光製本所のスタッフが日々の出来事を日記のように書いています。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年07月23日 (水) | 編集 |
こんにちは、大光製本所の寺内です。
本を作る4
貼り込み後の作業「丁合」です。頁を揃える作業になります。

機械丁合と手丁合をご紹介。 機械の丁合はさすがに早いです。
でもでも、機械はセットする時間があります。
その時間で小部数の場合は、手丁合できてしまう場合があります。
両方とも上手く活用できれば、より素早く仕事ができますね。

機械だけに拘るのはどうかなぁ?っと思います。
手だけに拘るのもどうかなぁ?っと思います。 両方出来れば言うことありませんね。
では、お楽しみ下さい。




下の動画は手丁合、ハイスピードですよ。



スポンサーサイト

2014年07月18日 (金) | 編集 |
こんばんは。大光製本所 寺内です。

本を作る3 折り作業後の工程です。 貼り込み作業。
本を作るときに本文16pまたは8pに扉や見返しと言う紙を付けます。
おもに、扉は2p・見返しは4pになります。2pと4pは糸かがりが出来ないので、
本文の16pまたは8pに貼り込む事になります。これが貼り込みの作業です。
これまた、youtube「動画」でどうぞ・・・・・。




機械で貼り込みをしている作業です。 見返しと本文紙を機械が取って糊を入れます。
機械だけでは面白くないでしょ?
そこで、この作業を手作業ですると下の動画のようになるわけです。




ちょっと画面が大きくなってしまってすみません。これが見返しを本文に差し込む作業。
そして、それに糊を入れる貼り込みの作業が下の動画。




小部数の場合は、機械をセットしている間に出来てしまいますよ。
この後の作業が丁合(頁を揃える)作業です。
また、後日 この作業も機械と手作業とにわけてご紹介します。お楽しみに!!





2014年07月14日 (月) | 編集 |
こんにちは。 大光製本所の寺内です。
本をつくる2 刷り本を切った後の工程です。

折り作業。
上製本をつくるときは、基本的に糸かがりと言う作業をします。
今では、糸の入っていない本が普通になっておりますが、
本来は糸を入れます。
その為に、折りの作業では16p・8pに折るのが基本です。
どうしてもの場合は、4pを上に重ねて8pにしたり、16pにしたりする
事もあります。

で、この作業、文字で説明しにくいので、動画でご紹介。


2014年07月03日 (木) | 編集 |
おはようございます。 大光製本所の寺内です。
上製本の工程をご紹介・・・・・。
上製本の工程と言っても、機械、ラインのご紹介ではありません。

機械は使うものの単体で、後は手作業の工程をご紹介いたします。

最初に写真(下)のように印刷屋さんの方から、刷り本が入ってきます。
下の写真の場合は一枚の紙に16p分の印刷がされております。
片面8pその裏が8p、あわせて16pと言うことですね。


175.jpg 



写真(下)の右上に黒くなっている部分があります。
ここが印刷の時に揃えている、針・クワエと言う部分です。
この針とクワエの部分を揃えます。

176.jpg 



機械で揃えると真ん中の黒い線がありますよね。
これ、トンボと言いますが、これがまっすぐになってます。

177.jpg 



針とクワエ以外の所で揃えると、トンボが揃わないので折を
折ったときに、ページの位置がくるってくる事になります。

178.jpg 


綺麗に揃ったのを確認して、断ちをします。
断ちは、針とクワエの部分は切らずに残り二面を切ります。
場合によっては四面を切る時もあります。

この作業を、今でも言うのかどうか・・・・・。
昔は胴割りと呼んだのですが。

今日はここまでです。続きは次回に・・・・・^^。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。