FC2ブログ
大光製本所のスタッフが日々の出来事を日記のように書いています。
2014年05月27日 (火) | 編集 |
こんばんは。  寺内です。

上製本の工程。
もうしばらくお待ちください。

弊社 上製本を主に手がけておりますが、今 複雑な商品ばかりを、
やっておりまして、なかなか上製本をご紹介できません。
今、しばらくお待ちを・・・・・。

今、お得意先の要望もありまして、木のノートを製作中です。
結構面白いものができそうです。
付き合いのある木材屋さんに頼んで、薄く切った木に和紙のような
ものを貼ります。

一定の大きさで約2000円。
送料 2200円・・・??

なんで送料のほうが高いの?
ものにならない・・・><。


スポンサーサイト

2014年05月17日 (土) | 編集 |
こんにちは、寺内です。

今日は土曜日ですね。仕事も暇になってきました。
同業者のみなさんと、よくお話するのが今からの季節。
冬でもないのに、冬眠するよ!!ってみんな言いますよ。

弊社もそろそろ冬眠しようかなぁ。><。

そうも言ってられないので、ブログだけでも元気に!!

沢山コメント頂いておりますが、その中で、上製本の工程って?
と言う文字に目がとまり、上製本の工程を次回から書くことにします。
みんさんまた見てね。

上製本と言っても、今は機械化(ライン化)されておりますので、
なかなかご紹介できませんが、今回は、単体の機械を使っての工程。

弊社の工程です。 他社さんの工程とは異なりますのでご了承を。



2014年05月15日 (木) | 編集 |
こんばんは、寺内 光浩です。

製本所らしく⑤の続きです。

166.jpg 

背中にボンドをぬって、前に仮で巻いたように表紙に付けます。


168.jpg 

こんな感じですよ。背中を良く押さえてくださいね。


170.jpg 

次にコンロを出します。ガスの所には鉄板をかぶせないで。
コンロと鉄板がなかったら、ホットプレートでもいいですよ。
油をよく取ってください。


171.jpg 

火をつけて、鉄板を熱くします。
結構熱くしてください。そうですねーっ。卵焼きができるぐらい。
そして写真のように、本の背中を鉄板に押しあてます。

このままにしていたら背中の部分の表紙が焼けてしまうんじゃ?
って思うぐらいあて続けてください。

鉄板から本を離して、背中を触れば「熱っ」って言うぐらいだったらOK。
そのまま温度の下がるのを待ちます。


172.jpg 

出来上がりです。


173.jpg 

よく開きますよ。結構背中も丈夫に付いていると思います。

追伸・・・・・・・
今回は見返しを付けてませんが、付けても大丈夫です。
付けた場合は小口に糊をいれましょう。

背中に熱を加えてもいまひとつ付きが悪いなぁーって思ったら、
紙を二つ折りにしてボールを挟んで、ボンドをぬる時のボンドの
量を少し少なめにしましょう。
仮固め程度で十分です。

長いブログにお付き合いありがとうございました。
みなさんも是非、暇な時間があれば一度試してください。




2014年05月14日 (水) | 編集 |
こんばんは 寺内です。

続きを・・・・・。

この表紙になる紙をさっきはかってメモしておいた寸法に切った
ところまででした。

その表紙になる紙に目打ちで筋をいれます。写真のように。
各寸法に注意してください。
画像の寸法はA4判を二つ折りにして重ねた厚み10mmです。

162.jpg 

端から148mmのところに筋を入れる。
次にその筋のところから10mmのところに筋をいれます。


163.jpg 

二本線がありますが、ここに筋をいれます。
あまり強くやると切れちゃいますよ。


164.jpg 
ボンドもなにも付けないで一度、表紙を巻いて見ましょう。


165.jpg 

こんな感じで背中の筋に合わせて本文を入れます。

ではでは、今日はここまでです。



2014年05月12日 (月) | 編集 |
こんばんは。有限会社 大光製本所のTERAUCHIです。

製本所らし③の続きです。
本文に、ボンドをぬって重しを置いて乾かせる・・・で終わってますね。
その続きを。

157.jpg 

本文を机に置いて、まずは左右の寸法をはかります。
左右が148mmなら、148をどこかにメモでもしておきましょうね。


158.jpg 

次に本文の厚み(背中)の寸法をはかります。
10mmの場合は、さっきの148mm+10mmをメモっておきます。


159.jpg 

次にまた左右の寸法をはかります。
148mmの場合はさっきの148mm+10mm+148mmと
メモをしておきましょう。
この寸法を全部たした数字が表紙の左右の寸法となります。
306mmですね。


160.jpg 

次に天地の寸法をはかります。
210mmの場合は210mmをメモっておきましょう。
天地はこの210mmが表紙の寸法となります。


161.jpg 

表紙の紙を用意しましょう。
私は赤色。紙の㌔数は、本文の厚みが薄いので、
色上質の特厚あたりにしました。
みなさんは、なんでも良いですよ。
最初ですから、試しのつもりでね。

この表紙になる紙をさっきはかってメモしておいた寸法に切ります。
左右は306mm×天地は210mmです。

では今日はこの辺で。


2014年05月08日 (木) | 編集 |
こんにちは。寺内です。

製本所らしく②の続きです。お待たせいたしました。

本文の背中をヘラで平らにしたところで終わっておりましたね。
その続きを・・・。

ヘラで平らにしたらボンドをぬります。
私は製本用のボンドを使用しておりますが、
木工用ボンドでもOKです。
刷毛も100円ショップで売っているものでOKですよ。

154.jpg 

なにか入れものにボンドをいれます。
このときのボンドは水不要です。 薄めないで使用します。


155.jpg 

背中にボンドをぬります。


156.jpg 

ぬったら膨らまないように重しを置いておきましょう。

では今日はここまで・・・・・。




2014年05月07日 (水) | 編集 |
休みも終わり、今日からまた仕事ですね。

ゆっくり休めましたか?

休みは楽しめましたか?

この休み以降の身体のだるさや気持ちの変化。5月病!!

気をつけましょう。

テンプレートを変更しました。





2014年05月02日 (金) | 編集 |
大変ご無沙汰しております。

製本所らしく③の続きを書きたい所なのですが、
みなさんも連休でしょ?
ゆっくり休んでください。

連休明けに続きをかきますので、また宜しくお願い致します。

連休はどこかへ行く予定はありますか?

またコメント書いてください。

では、また元気でお会いしましょう^^。