FC2ブログ
大光製本所のスタッフが日々の出来事を日記のように書いています。
2019年03月17日 (日) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

以前にもブログでアップしたかもしれない商品ですが、以前と言っても
もう、数年前の話になるので、あらためてご紹介させてください。
弊社オリジナル御朱印帳です。以前オリジナルノート系で色々な
商品をご紹介させて頂いたのですが、その時に経験したものを活かし
御朱印帳に込めております^^。

今回はこれ!見返し付き御朱印帳
表紙と前ページが同じ柄でまとめてみました。

top2.jpgtop6.jpg

では、また次回に。。。





スポンサーサイト

2019年03月15日 (金) | 編集 |
今晩は。大光製本所の寺内です。

今日も上製本のお話です。
上製本には花布(はなきれ)といいます。ヘドバン(ヘッドバンド)などと
呼ばれるもの、またスピン(栞)があります。色んな色と種類があるんですよ。

kit16.jpg sh13.jpg

では、また次回



2019年03月13日 (水) | 編集 |
今晩は。大光製本所の寺内です。

今日は製本!上製本のお話。
弊社、上製本、特殊製本、帳簿、図面、和本と昔からやってきたのですが、
ここの所は、和装系を沢山いただき作っております。
ブログやインスタ、Twitterとアップするのは御朱印帳や和本ばかりです。
なので、ちょっと久しぶりに上製本についてご紹介です。

118.jpg

上製本の部位
人と同じで「喉」や「背中」と呼ばれる部分があります。
天地の天の部分を我々「頭」なんて呼び方をするときもあるんですよ。
「のど」人と同じです。この部分が本の中でも一番大切な部分です。
ここを強度にすることによって、ほんは長持ちをします。
ここを切ってしまうと上製本はすぐに弱くなります。
「小口」  本は人のように声を出しませんが、小口を開くと物語を
語ってくれますね。
紙の媒体が少なくなってきています。デジタル時代!
紙の良さも残したいですね。

では、また次回


2019年03月12日 (火) | 編集 |
こんばんは。大光製本所の寺内です。

今日は建仁寺 風神雷神です。

111.jpg

この絵と同じ御朱印帳ですね。

112.jpg

いい感じです。

お寺さんもいろんな御朱印帳を出していて、
びっくりするほどのデザインもありますね。

弊社も、負けないでいろんな御朱印帳を作っております。
また、このブログでご紹介していきます。

では、また次回!!


2019年03月08日 (金) | 編集 |
こんばんは。

以前、京都に行った時に建仁寺さんへ行ってきました。
天井には龍の絵が大きく書かれてあり、迫力満点!!

108.jpg

109.jpg

この絵柄を御朱印帳に再現しているようですねー。

113.jpg

114.jpg


こちら、建仁寺 御朱印帳 雲龍図 代表的な御朱印帳です。
風神雷神も良いですけどねー。
風神雷神のご紹介はまた次回に・・・・・・!

では、また。